写真と日々のつぶやき


by hiyokomame-n

オーライ。

朝起きると、身体が痛くなっていた。
一瞬、寝ぼけてて何でなのかが分らなかったけど、すぐに気付く。

キタ━(゚∀゚)━!!
筋肉痛だーー、ピッキーン。
肩や腕が上がらない。
朝ごはんにミルクティーを飲んだが、紅茶に入れる牛乳のパックを持ち上げるのもツライ…。


原因はママさんソフト。昨日、高校時代のチームメイトに誘われてママさんに混じって練習に参加してきたのだ。2時間ほどキャッチボールやバッティング、ノックをさせてもらってきました。
久しぶりにはめたグローブでボールをつかんだ時に鳴るスパーンという音。握ったボール思いっきり投げて、自分の思ったところに投げられた時の爽快感。バットの芯でボールを捉えて、ライナーで一直線に打ち返した時ジャストミートの快感。どれもが久しぶりの感触で、うれしくて楽しかった。調子に乗って投げて、打って、走ってきた。

そしてその代償として乳酸が筋肉にたまり、今も全身を電気みたいに駆け巡ってます。。。



ソフトボールをしたは1年半前にも、同じママさんソフトの試合の人数合わせで参加させてもらって以来…。あの時も身体のダメージはひどかった。

去年の5月か6月のとある土曜日。朝に集合だったのだけど、集合時間の連絡がうまく伝わっていなかったようで遅刻してしまった。準備体操もしないまま、グラウンドに並ばねばならず、整列、礼!プレイボール。8年ぶりのソフト実戦というブランクと運動不足の自分に一抹の不安を覚えながらもレフトの守備位置に着いた。

けれど、この日は自分で言うのもなんだけど、ソフトの神様が降りてきてたと思う。

相手トップバッターのいきなりレフトライナー。直線状に私へ向かってきた。いきなりは来ないだろうと高を括ってた私を見透かすようなナイスバッティングがいきなり飛んできた。
「ひゃ~、エラーする~!」と思いながらも一応グローブをはめてるほうの手をあげたら、ポンっとボールがグローブに入ってくれて無事キャッチ。(かなり焦って頭真っ白だったけど)
バッティングも絶好調。打つわ打つわの大サービスでお祭り状態。大袈裟じゃなく打率も7割くらいあったんじゃないいかと思う。打ったら打ったでベースを走らないといけないから、ダイヤモンドを全力疾走。打点も結構あったはず。
チームのママさんからもヤンヤ、ヤンヤと褒められてたぶん調子乗ってました。
あ~、スポーツってやっぱりいいなぁと、大活躍して周りから褒められたもんだから清々しく、天気もよかったのでとても爽やかな気持ちだった。


で、その代償は翌日やはりやってきた。
あの時の痛みはピッキーーンなんて表現じゃ納まらない。ピッシャーーン、ドカーンみたいな落雷のようだったと思う。なにせベッドから起き上がれない。筋肉痛もだけどそんなことじゃなく、具合が悪くなり、身体が鉛のように重くだるかった。日曜日だったこともあってその日は寝たきり状態に近くなり、「ソフトをしだけで体調を崩したなんてそんなヤワだったんだ私」と、しんどいのに新しい自分発見みたいになってた。「こうやって人は老いていくのだなぁ。」としんみり悲しく情けなく思ったことを記憶している。「これからはちゃんと老後も足腰が立つように運動しておかないと」と反省した。


そして今、1年半が経った。
今日は自転車にも乗れたし、前回より全然マシ。寝込まなかったのでちょっと安心だ。

最近この1カ月くらいの間こそ、ランニングシューズを購入したため朝ランをしてるけど、それまではほとんど運動してこなかった。このランニングだっていつまで続くやら。あんまり長いこと続ける自信はないからあんまり人にも直接言ってない。前に人に喋った時に「朝から走ってえらいね~」とか「すごいね~」とか言われたんだけど、次に会った時辞めてしまっているかもしれないのにおこがましい気がして…。(現に、朝ランは2か月半前に始めたのに2週間で断念してしまった。今回は再チャレンジ中。)でもここに書いてしまっているのは、頑張ってるアピールをしたい気持ちがちょっぴり含めている浅はかな自分だから(笑)
とりあえず「30歳までにホノルルマラソンに出場しよう」と大学時代の友達と言いあっているので、それまでは細く長く続けたい。

昨日行ったママさんチームにも40代のピッチャーとか、60代のセカンドとか、すさまじく元気だなぁと感心してしまう人ばかりだった。しかもこの60代のママさんは午前中に映画「沈まぬ太陽」を観てから遅刻して来られた。3時間半の長編映画観て帰ってきて遅刻してたら、普通は「もう休んでいいかぁ」ってなると思うが、練習にちゃんと来てしまう、とってもアクティブな人。
自分が仮に家庭を持って、子供もいて、仕事も家事もして、そしてその合間にソフトボールをしようかという考えが浮かぶだろうか考えると、たぶん考えないと思う…。というか考えられないんじゃないかなぁ~。どうだろう?

とは言え社会に出てしまうと、体育の授業もないし運動する機会もないから、久しぶりにスポーツをするのは楽しい。ストレス発散になるし、色んな人と話せる機会を持てるのが楽しいね。


もし長生きするのなら、旅行とかにもシャキシャキいけるようなおばあちゃんになりたいので、セカンドのママさん見習って今から足腰を鍛えなければ。


c0212410_20255824.jpg

写真はママさんが練習をする前にグラウンドを使っていた野球少年たち。
[PR]
by hiyokomame-n | 2009-11-30 20:45 | ツブヤキ