写真と日々のつぶやき


by hiyokomame-n

読書メーター 9月号

9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1555ページ

JAL崩壊 (文春新書)JAL崩壊 (文春新書)
読んでてこんなに不快になるものも珍しいんじゃないかな。結構JALを応援していたので、品格の無さにがっかり。。。
読了日:09月29日 著者:日本航空・グループ2010
ニューヨークの魔法のことば (文春文庫)ニューヨークの魔法のことば (文春文庫)
普通にエッセイとして読んでも面白いし、フランクな英語表現を所々で入れてくれているので勉強になる。作者のホストファミリーのパパが亡くなる話は泣けた。満員電車で読んでてやばかった。。。  書中に「見知らぬ行きずりの人とも、昔からの友達のように気軽に話を交わせる街」とあった。そんな素敵な街ニューヨークにすごく行きたいし、あこがれる。
読了日:09月29日 著者:岡田 光世
秘密 (文春文庫)秘密 (文春文庫)
いつもながら東野さんはタイトルの付け方が抜群。読み終わってから「あ~なるほど。」と思う作品ばかり。最後の直子の決意には切なさと健気さと思いやりを感じた。
読了日:09月26日 著者:東野 圭吾
姉の結婚 (集英社文庫)姉の結婚 (集英社文庫)
オムニバス形式でリアルな女の日常が現実の目線で書かれてて楽しい。鬱憤晴らしをさせてくれる。表題にある「姉の結婚」の話が一番スカッとする!
読了日:09月08日 著者:群 ようこ
カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
天使が出てきてファンタジーなんだけど、現実離れはしていない。生きる元気を与えてくれる作品。結構早い段階でオチが分かってしまったけど、それでも最後までページをめくる手が止まらなかった。「何のために生きるのか→自分のために生きるんだ。」素直にそう思わせてくれる作品。
読了日:09月05日 著者:森 絵都
乙女の密告乙女の密告
同じ大学、同じ学部の先輩が受賞した作品なのでこれは読まねば!と思い読みました。文章は易しく話も面白かったけど、自分の学生時代を少し振り返りながら読んでました。私はこんなに必死にドイツ語勉強してなかったなぁ・・・。とりあえず「乙女」なんて呼ばれたり、人形を抱っこした変人先生はいなかったけど(笑)ともあれ、アイデンティティーとか難しそうなテーマですが、さくっと読めて楽しめました。『アンネの日記』も読み返そうと思います。
読了日:09月03日 著者:赤染 晶子

読書メーター

[PR]
by hiyokomame-n | 2010-10-01 11:23 | 読書部